保育士試験~精神保健に関する問題とポイント!

~保育士問題傾向~精神保健編~

保育士試験予想問題「精神保健」、心の健康と精神保健、子どもの心の発達、発達段階ごとの精神保健上の問題、子どもの心のさまざまな問題、保育所における子育て支援に関する重要ポイントをまとめています。

~心の健康と精神保健~

心の健康とは、不安や不満がない状態、不安や不満があってもそれを適切に処理できる状態のことをいいます。
【重要ポイント!】
子どもの健康を害する、現代社会の要因をまとめておきましょう。世界保健機構(WHO)憲章の健康の定義を覚えましょう。

~子どもの心の発達~

心の発達は、外部環境との関わりのなかで、特に中枢神経系の成熟を土台として進んでいきます。
【重要ポイント!】
脳と脊髄の総称である中枢神経系の機能と構造を理解しておきましょう。また、その発達を阻害する要因をチェックしておきましょう。

~発達段階ごとの精神保健上の問題~

①胎児期
胎児の正常な成長を妨げる、母親の飲酒や喫煙、長期にわたるストレスなどがこの時期には問題となります。
【重要ポイント!】
母親の飲酒や喫煙などによって、胎児が具体的にどのような影響を受けるかを理解しましょう。
②乳幼児期
主に保護者の不適切な養育態度が、乳幼児の心の健康を阻害する原因になります。
【重要ポイント!】
問題となる養育態度をおさえておきましょう。また、この時期の心の健康に関連が深い「気質」についても勉強しておきましょう。
③学童期
この時期の問題は、学校生活に関連しているものが多く、学級への不適応、学業の問題、いじめ、不登校などが主なものです。
【重要ポイント!】
学童期にみられる問題について、その特徴と原因、対処法をおさえておきましょう。
④思春期
身体が急速に発達し、自意識が高まっていく思春期には、自己の内面や他者との関係に強い緊張が生じやすく、それが不登校、摂食障害、非行といった問題を引き起こします。
【重要ポイント!】
思春期にみられる問題について、その特徴と原因、対処法をおさえておきましょう。

~子どもの心のさまざまな問題~

①発達障害
子どもに固有の認知・言語・運動の障害、そして社会的技能の獲得における障害を発達障害といいます。
【重要ポイント!】
主な発達障害について、その特徴とともに、原因や対処法などを整理しておきましょう。
②問題行動
子どもの問題行動は、欲求不満や内面的な葛藤が、身体的な症状として現われたものです。
【重要ポイント!】
主な問題行動について、その特徴とともに、原因や対処法などを把握しておきましょう。
③児童虐待
児童虐待は、身体的虐待、ネグレクト、性的虐待、心理的虐待の4つに分類されています。
【重要ポイント!】
それぞれの虐待の定義をおさえておきましょう。そして、虐待の要因、虐待が子どもに及ぼす影響、虐待に対する対応、虐待を受けた子どもに対するケアについてまとめておきましょう。

~保育所における子育て支援~

保育所は、入所児童のさまざまな保育ニーズとともに、地域社会の保育ニーズにも対応する総合的な子育て支援の場として期待されています。
【重要ポイント!】
保育二-ズにはどのようなものがあるかチェックしておきましょう。また、保育所における子育て支援について述べている保育所保育指針の第13章を一読しておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~保育士合格への道~

↑ PAGE TOP