保育士試験~養護原理に関する問題とポイント!

~保育士問題傾向~養護原理編~

保育士試験予想問題「養護原理」、児童養護の概念、児童養護の歴史、児童養護の制度、施設のおける児童養護、施設養護の実際、児童福祉施設の運営・管理に関する重要ポイントをまとめています。

~児童養護の概念~

現在の児童養護には、一般の家庭で行なわれる家庭養護のほかに、国や自治体が行なう社会的養護があります。
【重要ポイント!】
子どもたちが、どのような理由で社会的養護が必要になるのかを理解しましょう。

~児童養護の歴史~

欧米の児童養護は、慈善救済事業として始まり、救貧院などへの混合収容から、児童のための施設への分類収容の時代を経て、脱ホスピタリズム、そして脱施設化の方向へ進んでいます。
【重要ポイント!】
現代に至るまでの流れをキーワードを中心に整理しておきましょう。また、明治・大正期の日本における育児事業や感化事業の主な先駆者とその設立した施設を覚えるようにしましょう。

~児童養護の制度~

①施設養護
児童福祉施設は、家庭から施設に通ってサービスを受ける通所型施設、施設で暮らしながら生活全般のサービスを受ける入所型施設に大別されます。
【重要ポイント!】
児童福祉法における各施設の目的や対象児童などを確認するとともに、各施設の簡単な成り立ちもおさえておきましょう。
②家庭型養護
実の家庭に最も近い環境である一般家庭に子どもを委託するタイプの養護のことで、里親制度、保護受託者制度、養子制度、特別養子制度、グループホーム、ファミリーグループホームがこれにあたります。
【重要ポイント!】
それぞれの養護の特徴を把握しておきましょう。また、関連する民法や児童福祉法の条文を一読しておきましょう。

~施設のおける児童養護~

①施設養護の特質
施設が実際の家庭と大きく異なる点は、人為的に作られた集団生活の場であるという点です。
【重要ポイント!】
入所型施設の長所と短所について整理しておきましょう。また、それとの関連において、施設の短所を補う目的で増加傾向にあるグループホームについても調べておきましょう。
②施設養護の基本原理
施設においては、個別化、親子関係の尊重、集団の活用が養護の基本原理になります。
【重要ポイント!】
それぞれの原理にどのような意味かあり、その実現のためにどのような援助をする必要かあるか理解しておきましょう。

~施設養護の実際~

①日常生活および自立に向けての援助
児童養護施設における生活指導の目的は、児童の基本的生活習慣を確立すること、児童の豊かな人間性および社会性を養うこと、児童の自立を支援することです。
【重要ポイント!】
各場面ごとの具体的な援助の方法と目的、あるいは注意点などについて整理しておきましょう。
②治療的・療育的な援助
虐待を受けた子どもや障害のある子どもに対しては、専門的な治療や療育とともに、治療的・支援的援助が必要です。
【重要ポイント!】
専門的な治療や療育の必要性と、具体的な援助の方法を把握しておきましょう。

~児童福祉施設基準~

児童福祉施設の運営・管理は、施設ごとに職員配置や設備などの基準を定めた児童福祉施設最低基準に基づいて行なわれます。
【重要ポイント!】
参考書の要点を覚えるだけでなく、児童福祉施設最低基準の条文に一度目を通すようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~保育士合格への道~

↑ PAGE TOP